企業の新たなニーズに合わせて デジタル環境のモダナイゼーションを


アプリのモダナイゼーション
より良いソフトウェアをより迅速に開発

絶え間ないモダナイゼーションへの高まる需要の中、時代遅れになることはテクノロジーの最大の敵です。 このような時代の流れに企業がいかに適用するかで、競争力がつくか、全てを失うかまで差がついてきます。 デジタル環境のモダナイゼーションは今や、ただの贅沢ではなく、ビジネスが生き残るために必要不可欠な事柄となりました。

デジタル環境のモダナイゼーションへの道のりは、一つのチェックポイントで終わるようなものではありません。 コンサルティングの段階であなたのビジネスのニーズを把握し、それによってアプリケーションの最新化や開発、DevOpsの導入、継続的改善/継続的デリバリ、高速データの導入など様々な対処に進みます。

前の投稿を読む


どうやってアプリのモダナイゼーションをするのか?


コンサルティング

アプリを正しく変えるため、まずどのアプリを自動化するか、適切なアプリを選択して変える必要があります。(ビッグバン的ではなく構築するアプローチ)。 良く練られたプロジェクト・コンサルティングは以下の結果をもたらします。:

より迅速な機能デリバリ

開発やテストの経費削減

バグや機能変更の減少

適切な計画とコンサルティングは、組織のどんな主要なモダナイゼーション・トランスフォーメーションにおいても重要な役割を果たします。 組織のトランスフォーメーションを実現するためには、利益の認識を手助けし、こういったタイプのトランスフォーメーションにおける無数のツールやプラットフォーム、技術的なプロセスに関して説明してくれる必要な専門知識や経験を持ったパートナーが必要です。

Existには、技術的コンサルティングと組織の技術的プラットフォームとプロセスのモダナイゼーションの導入における実証的で豊富な経験を有するテクニカルアーキテクトとアナリストのチームがおります。 私たちのチームは、クラウドプロバイダー、開発プラットフォーム/フレームワーク・ベンダーなどのテクノロジー業界の各分野のリーダーと強固なパートナーシップ関係を持っており、それによって各分野の専門知識を活用し、お客様に考えられる最善のソリューションと価値をご提供できます。

パートナ:

適切な計画 → より少ない機能変化 → より迅速なデリバリー → 開発及びテストの経費削減


アプリのアーキテクチャのモダナイゼーションが特に重要な理由は、レガシー・アプリケーション(例:モノリス)はアップデートが難しく、ゆっくりで、性能と機能の両方においてスケールするのが難しく、現代のDevOpsのプロセスにシームレスに統合できないことです。

あなたはモノリス・ソフトウェアを使っていますか

アプリケーションがモノリスかどうか定義する標準的な方法はありません。 以下は現在お使いのアプリケーションがモノリスの特徴を持っているかどうか評価するためのガイドラインです。

すべてのソフトウェア・コンポーネントが一体として組み立てられ、密に結合している
アプリケーションが大きすぎて複雑
迅速に正しく変化させるのが困難
アップデートの度にアプリケーション全体をリデプロイしなければならない
モジュールのリソース要件が異なるためスケールするのが困難
どんなモジュールのバグもアプリケーション全体の使用に影響するようなプロセス全体の停止をもたらす[シングル・ユニット・デプロイメント]
新しく進んだ技術を採用するのが困難[ランゲージ/フレームワークロック]

いつモノリスからマイクロサービスに移行すべきか

すべてのモノリス・アプリケーションがマイクロサービス・アーキテクチャに移行する必要があるわけではありません。(少なくとも今はまだそうです。) どんなモダナイゼーションもアプリケーション・アセスメントから始めることが重要です。 こういったトランスフォーメーションを始めるには自分の持っているアプリを棚卸しすることが重要です。

開発チームがモノリスを維持する上での協力の難しさに悩み始めた時
オンライン競争の時代には弊害となる長すぎるダウンタイム
会社が急激に成長しており、モノリス・ソフトウェアでは現代の需要に対応できない
依存関係を減らしたい
より迅速に開発したい
テストしたり、様々なレベルのエラーをより容易にデバッグしたりするためにもっと小さな機能にしたい。そうすればミスをより早く発見し、直す時間も短縮できる。
エラーの生じない成果物の量を増やしたい

モノリス vs マイクロサービス

モノリシックマイクロサービス/コンテナ化
全ての機能が単一のプロセス機能の各要素が独立したサービス
拡張性に欠ける
1次元でしかスケールできない
[水平スケーリングのみ]
より拡張性がある
独立したサービスによって他のマイクロサービスに影
響することなく適切な時に容易にスケールできる
アプリケーションが大きすぎ複雑すぎて完全に理解し
正しく迅速に変更できない。

複雑さが減る
アプリケーションは管理可能なサービスに分割されて
おり、開発もより早く理解や維持もより容易にできる。
アジリティが限定される
各変更がシステム全体のリデプロイを要する
よりアジリティがある
一つのマイクロサービス内で迅速に変更できる
フォールトトレランスに乏しい
多くの相互依存のある単一ユニットなため、
一つのエラーがソフトウェア全体をダウンさせ
ることがある
レジリエンシー、フォールトトレランスと
アイソレーション

単一モジュールの故障が
より大きなアプリケーションに影響しない
継続的デプロイ/デリバリが困難
単一コンポーネントの更新が必要
継続的デプロイ/デリバリが可能
より小さなコードベースやコードが作る

ツール例:クラウドネイティブ、コンテナ、クラウド、K8など

開発者のエクスペリエンスを改善 → より生産的に → より効率的に


開発

Existは、 私たちの強固なバックエンド開発の専門知識と、幅広い範囲の様々なバーティカルやビジネスの分野、特に医療、銀行や金融、小売業やエネルギーの分野での広く認識されたJavaや、オープンソース技術の豊富な経験によって、完全なエンドツーエンド企業アプリケーション開発サービスを提供します。

プロセス・インプリメンテーション

アジャイル・モデル

反復的開発。
変化への対応を可能に。

協力モデル

共に計画し、共に構築する。
そして共に成功する。

業界のベストプラクティス

結果が証明されている
深いその分野の知識と業界経験に根差す。

開発者のエクスペリエンスを改善 → より生産的に → より効率的に


ファストデータ・ソリューション

データはデジタル・トランスフォーメーションのドライブトレイン(駆動系機構)です。 お客様のより良い理解、ビジネスプロセスの改善、収入の新たな機会の見極めからリスクと報酬のバランスとりまでEXISTのデータ・ソリューションはあなたの会社が全てのデータ資産を活用し、潜在データを実用的な知識や洞察に変えられるようにできます。

しかし、今日の激しいビジネス競争環境では、洞察にかかる時間—またはビジネス決定を迅速に行う能力—はしばしば、会社が持続した革新への道を歩んでいるか、あるいは衰退と無名への道を歩んでいるのかの指標となります。 迅速な洞察と共に必要となってくるのが、インフラ経費の合理化です。 もしあなたの分析のためにデータの保管が必要なかったとしたら、大きな記憶装置のための経費は全く必要なくなります。 より短いデータのTTLは、ビジネス目標をよりよく支える、よりスリムで強靭なデータインフラを意味します。

リアルタイム分析はデータ駆動型の未来への次のステップであり、アプリのモダナイゼーション、ストリーミングデータ、モデル構築の間の重要な相互作用を理解する適切なパートナーを持つことが最初の重要で大きなステップです。

ツール:Greenplum , Kafka, PKS(コンテナ・アーキテクチャの必要性とアプリのモダナイゼーションとDevOpsの関係を強調する―迅速なターンアラウンドタイム・サイクル)

開発者のエクスペリエンスを改善 → より生産的に → より効率的に


DevOps

システムの規模が大きくなり、複雑さが増すにつれ、組織のそういったシステムへの依存度も高まり、システムが組織が業界で成功し競争力をつけるための主要なプラットフォームとなります。 したがって、開発、デプロイメント、修理、モニタリング、強化とこれらのシステムが可能な限り効率的で、信頼でき、スケーラブルであるような全体の管理のプロセスを確実にすることが重要です。

より迅速な開発サイクルは市場に出すまでの時間短縮とより迅速なイノベーションと同じことを意味する
デプロイのロールバックの失敗を減らし、効率的なロールバックプロセスと回復のための時間を確実に持てるようにする
オートメーション・プロセスの助けによって開発とデプロイの効率を高める
ITコストを削減し、IT社員を他の重要なタスクに再配置できるようにする

オートメーション戦略をいかに成熟させるか?

ツール:Greenplum , Kafka, PKS(コンテナ・アーキテクチャの必要性とアプリのモダナイゼーションとDevOpsの関係を強調する―迅速なターンアラウンドタイム・サイクル)

開発者のエクスペリエンスを改善 → より生産的に → より効率的に


クラウドマイグレーション

組織がクラウドのデプロイに移行すべき経済的理由、業務上の理由は数多くあります。それと同時に、会社がオンプレミスのデプロイやハイブリッドモデルに移行すべき理由もあります。 クラウド、オンプレミス、さらにはハイブリッドモデル、どのプラットフォームをデプロイするにせよ、現代のアーキテクチャフレームワークとDevOpsのプロセスを導入できます。

クラウドマイグレーションは組織に多くの利益をもたらすことから、大きく注目を集めています:

  1. スケーラビリティ – クラウド技術は必要に応じてスケールアップやスケールダウンができます
  2. アクセシビリティ – いつでもどこでもアクセス可能
  3. コスト – 初期費用がかからず、使用している分だけ支払うので、コスト予測が可能

また、サーバーやラックの維持、サーバーを管理するITリソースやサーバーの電気代もいりません。 クラウドのプロバイダーは維持費を抑えられるようにダッシュボードも提供しています。

  1. 心配無用のIT – クラウドのプロバイダーが管理するので、サーバープラットフォームを管理に特化したITグループの必要はありません。
  2. セキュリティ – クラウドデータセンターは多くの会社が経費内でできる以上の強固のセキュリティ対策を導入しており、つまり、データはオフィスのサーバー上で保存するよりもクラウド上で保存する方が安全です。
  3. 迅速なデプロイ – アクセシビリティと既に利用可能なツールによってアプリケーションの迅速なデプロイが可能となります。
  4. クラウドマネージドサービス – クラウドのデプロイによって組織は既に利用可能なクラウドマネージドサービスを異なるベンダーから多くはペイパーユース方式の支払い方法で利用できます。

クラウドマイグレーション戦略

クラウドマイグレーションのプロセスは組織によって様々で、移行のタイプ(純粋にクラウドのみ、ハイブリッド)、コンポーネント(例:アプリ、データベース、DevOps、クラウドマネージドサービスの利用方法)、クラウドプロバイダー(例:Azure、AWS、GCPなど)などの要素によって異なってきます。 このように様々なプロセスがありますが、クラウドマイグレーションの一般的なステップには以下のものがあります:

お客様のクラウド・アクセシビリティのアセスメント(帯域幅と接続性)
パフォーマンスとセキュリティ要件のアセスメント
クラウドプロバイダーのアセスメント
最適コストアセスメント(ペイパーユースとリザーブドインスタンスの料金)
チェンジマネジメントのアセスメント
計画は重要です。計画がおろそかになるとクラウドのデプロイによって得られる価値が失われてしまいます。

適切なパートナーを見つける

デプロイとインフラの移行は業務上そして経済的に組織に重要なインパクトを与えます。 こういったタイプの移行を成功させるためには、移行による利益の認識を手助けできるパートナーが必要です。 私たちの技術的資源であるチームは、長年にわたり、中堅から大企業まで、そして銀行や金融、医療といった重要な業界においてクラウドベースのシステムの開発、移行、デプロイを成功させてきました。 このように、Existは主要なクラウドプロバイダー(Azure、AWSとGCP)での明らかな強い経験があり、AzureとAWSのクラウドプロバイダーとの強いパートナー関係があり、それによって彼らのインフラ資源だけでなく、知識データベースにもアクセスできます。

適切な計画 → より少ない機能変化 → より迅速なデリバリー → 開発及びテストの経費削減


より良いソフトウェアをより迅速に開発

市場に早く参入を
革新と効率性を後押し
収益の促進

組織のトランスフォーメーションを成功させたければ、利益実現の手助けができるパートナーが必要です。 私たちの経験豊富なテクニカルアーキテクトのチームは、オープンソースの強固なバックグラウンドを持ち、皆さまのアプリ開発をスピードアップし、アプリケーション、サーバー、サービスが皆さまにとってより可視化され、制御しやすくなるようにサポートできます。

信頼の理由
EXISTについて

これをどうやってアプリのモダナイゼーションの段階につなげるのか、そしてなぜ私たちのプロセス(例:ベストプラクティス、OSSベースのものなど)がそれに有益なのか

私たちのツールは何なのか?
私たちのプロセスはどんなものなのか?
弊社が他社より優れている点は?
オープンソースのへリテージ(遺産・伝統)
エクスペリエンス
パートナー
DevOpsのパイプライン

デモンストレーションのご予約